27歳未婚女性証券会社OLきよこ

スマートフォンに変えてから、LINEのアプリをダウンロードして始めました。初めて見てびっくり。友達が勝手に追加され友達リストに入ってきました。
そんな機能にびっくりしていつつリストを見ていたら、懐かしい友人の名前がありました。10年ほど音沙汰無だったので、心躍らせてメッセージを送ってみました。
「ひさしぶりー◎◎ちゃん!きよこだよ!元気?」と送ったところ「あなた誰ですか?僕は○○さんじゃないですよ」と返信。
なんとそれは、別の人でした。その友人は携帯番号をとっくに変えていたらしく次にその番号を使っていた人が私のLINEの友人リストにのっていてしまったようでまったく別人で関係ない人にLINEを送ってしまったようです。「あちゃー」と思い「ごめんなさい。人違いでした」と入れたらまた返信が来ました。「大丈夫ですよ。
ちょっといろいろあったところだったので誰かと話たい気分だったんですよ。少しだけ、LINE付き合ってくれませんか?」とのことでした。私もなんとなく退屈をしていたところだったので他愛もない会話をしていました。やり取りしていくうちに朝起きてから夜寝るまで、その人とのLINEのやり取りが生活の中で楽しみになっていました。
たまに無料通話で電話する時もありつつ。彼は私より一つ下の食品会社勤めの方で、聞けば彼女と別れたばかりでとても寂しかったので私とやり取りするようになってから精神的にとても助けられたと言ってくれました。そんなこんなで夜、会話をしている途中でちょっとHな話になってからその話で盛り上がり「自分が好きな体位」や「一番感じる場所」
「キスが好き」なんて話したら、なんとそんな部分もぴったり会ってしまい、お互い燃えてしまいました。私から冗談で「ちょっとしたくなっちゃったね」って話したら彼も「実は僕も」と言われ。それ以上に会いたいよって言われました。なんとなく、私も彼に抱かれたくなってしまい会う決心をしてしました。その日に会って、すぐ泊まる計画をして日にちを合せて
ついに対面。彼は、見た目170cmくらいの好青年風のやせ形。タイプではありませんでしたが、軽く散歩をしてワインバーで呑んでそのままベットへ。案の定、彼とのベットの相性は抜群で何度もやっちゃいました。このまま恋愛関係に行くのかな?って思っていたら、どうやら彼的には「彼女との恋愛が終わったばかりなので彼女を作る気はないけど私にこうして会いたい」との事でした。
なんか、都合の良い話だなって思いながら彼にどうしても会いたくて、了承してしまいました。ちょっとLINEっていう気軽に出会ってしまったから私は彼女にしてもらえずセフレ止まりなのかな?って考えてしまう事がありますが会いたくて会いたくて仕方がないのでセフレとしての関係がダラダラと続いてます。もういい年齢なので、次に付き合う彼とは結婚って決めていただけに、大好きな彼とのセフレ関係が辛いです。でも、最後にこういう甘い辛い恋愛もありなのかな?って最近、割り切れてきました。

 

きよこ、未婚、女性、27歳、証券会社OL

 


ホーム RSS購読