昔との違い

普段、普通に暮らしていたら全く出会いがない。

 

異性と触れ合うことができない。

 

という理由やから出会い系サイトを使う人がいるだろう。

 

婚活サイトや、オフ会など、出会える場所は他にもいくつかあるのだが、
それらを使わない理由としては、おそらく出会い系サイトの方が手軽だったり、
婚活やオフ会には年齢制限などがあるためだろう。

 

 

また、出会い系サイトの多くは割きりの出会いを求める人が多い。
婚活サイトや、オフ会は、まずいきなり性行為ができるまでの中にはならないだろう。
みんなの目的が違うというのもあるが、そういった関係になれるまでは、
何回かあって仲良くなり、信頼関係が築けてからであろう。

 

それが健全な出会いであると思う。

 

しかし、割きりを望む人は少なくない。

 

いまの気分で、行為をしたいという衝動から利用をするのだ。
それは突然くるものであり、イベントのスケジュールまで合わせられる余裕がないのだろう。

 

 

その気持ちからインターネットを通じた出会いを探すのである。

 

インターネットの利用では、年齢の制限があってないようなものだ。
プロフィール登録はたいてい18歳以上からしか指定できないようになっているが、
それより下であっても操作は問題なくできてしまうため、
簡単に登録できてしまうのだ。

 

まして、スマホが普及した今、いつどこでも誰でもインターネットを利用することができるため、
犯罪につながるケースもあるようだ。
警察もそんな状況に対抗すべく、啓蒙活動を続けている。

 

夏休みに入る前に、学校の先生もおそらく気をつけるよう指導をしていることであろう。

 

しかしながら、最終的には、利用する人の使い方に頼られているのが現状である。

 

非公式なものは利用せず、
優良サイトを使うことで、犯罪を未然に防げるかもしれない。

 


ホーム RSS購読