LINEを使ったセフレ募集と専門アプリの利用法

セフレの作り方だが、昔なら街でナンパをするというのが基本であるといえるが、
現在、セフレ募集の方法が大きく変わってきている。

 

特に10代・20代を中心にした世代にいえることかもしれないが、
携帯電話やスマートフォンを使ってのセフレとの出会いである。

 

セフレ募集は、サイトで十分行うことができるのだ。

 

また、新たな出会いについてもこれらは大きな役割を担ってきているのである。

 

思ったことをつぶやく、Twitter、リアルタイムのイベントを書き込むfacebookなど
友達や、同じ趣味をもつ人とのつながりを持っていくためにこれらのツールが使われ、
使うことが当たり前という風潮になってきている。

 

その中で、19か月で1億人プラスの利用者数を獲得したのが、
LINEである。

 

スマホのアプリケーションとして使用するのだが、
登録者同士なら通話が無料になるなど、魅力的なアプリケーションである。

 

出会い、ということに冒頭に触れたが、
出会いにはいろんな意味が含まれる。

 

世の男性が求めるのは、女性との出会いだろう。
その出会いをSNSで求める、というのも大きな傾向となっている。

 

女性が、異性と出会いたい、セフレを探している、いく所がない、
など書き込みをしているのをみつけると、
男性はコンタクトをとり、待ち合わせをし、お互いに納得がいく範囲で
関係をする。

 

こういったやり取りが多くみられ始めている。

 

LINEなど、利用者に10代も多くいて、
続に「神待ち」と呼ばれる書き込みでも使用されるときがある。
未成年で帰る場所に困っている人や、お金が欲しい女性など、
男性に援助を求めるため、書き込みをするのだ。

 

そして、その求めに応じた男性は、=神と呼ばれ、
待ち合わせをし、男性の求めに応じたことをすることで、
女性に援助が渡されるのである。

 

しかし、ドタキャンならまだいいが、事前の話と違うことを強要されることも考えられるため、お互い注意することは忘れてはならない。


ホーム RSS購読